読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。暫く休みつつ、過去の記事を地味に校正したりしてます/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→goo.gl/JiZPgQ/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

歌手の話 Suara(夢想歌、不安定な神様、天かける星など)

アニソン-歌い手の話 アニソン

 アニメソングはアニメの主題歌であるということによって表現に蓋をされている部分もあれば表現が許容されている部分もある。特にきれいな発声を使う歌手に関してはそれがアニメソングらしさとして許容されるような部分もあり、一概にレベルが低いと言う批判はもはや過去のものだと言ってもいいと思う。

 

 そしてこの人はとにかく発声がよろしい。歌手はいろんな方法で歌に表情をつけようとするが、Suaraはいわゆるミックスの状態で、裏声の混ぜ具合のグラデーションで歌に表情をもたらしている。さらに滑舌の中にほんの僅かに前の音を残すので滑舌で音が弾けるような聞き心地がするが、それが他の歌手のように大きいということは全くないというかむしろ少ないはずなんだけど声質 ( こえしつ ) のせいかそこがとても分かりやすい。特に最近は高い音をファルセットにすんなり繋がずにミックスで少し引っ張ることがあるのが、Liaみたいな極めてフォーマルな歌手とキャラクターが一番違う部分だろう。一時期は発声としてはまさにLiaと今井麻美の間を取って行き来するような非常に音楽的に正しいものに寄っていった時期があったが、最近の傾向を見れば綺麗な発声の中にポップスらしさを出すことが出来る、まさしく歌の上手い歌手だと言ってもいいと思う。

 

夢想歌

夢想歌

  • Suara
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 この人の代表曲は夢想歌だろう。デビューシングルが有名なのはよくあることだけど、この歌は非常に個性を活かした楽曲なので、商業的な意味とは別に売れたのに納得がいく。試しに歌ってみるとなんとなくでも個性的な歌なのが分かる部分があると思う。理屈でいうならこの速さで音が上下するから前の音との落差を処理しきれない部分があるのだと思うが、楽曲が歌手の個性の形にまとまっていてとても恵まれた楽曲だと言える。音楽理論的に和風なのかどうかは僕にはよくわからないんだが、歌い方の特徴がそういう印象を聞き手にあたえるのは事実だと思う。

 

一番星

一番星

  • Suara
  • アニメ
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

忘れないで

忘れないで

  • Suara
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 夢想歌以降Suaraの楽曲には全体に渡ってフォーマルな声が使われはじめた(特に夢想歌からBLUEまでのメジャーシングルはそういう専門の畑から連れてきたんじゃないかというような教科書的に正しくてフラットな歌になっている。上で言った今井麻美的な地声の多い声なら一番星や、ファルセットに近い声ならBLUEだろう)。フォーマルな技術というのは勝手にたどり着くのが難しいところなので、もともとそういうフォーマルな歌を持った状態でデビューして少し個性を出しながら夢想歌を歌ったんじゃないかと思うが、特にデビューから3年後のシングルであるFree and Dream以前は非常にファルセット気味の声で聴かせる歌が多いし、それ以降はちょっとロックな感じの声が多用されるようになったと思う。

 

 2008年頃に発売された3rdアルバムの太陽と月ではやはり非常にフォーマルな歌いまわしが好まれて使われていたが、去年の10月に発売されたアルバム「声」では原点回帰を謳ってどの曲もかなりポップスに収まっていたりと、彼女の中のいろいろな側面がデビューから10年近くという時間をかけて少しずつ交互に顔を出しているように思える。

 

 


Suara「不安定な神様」Music Video (Short ver.)

 

 2015/11に発売されたシングルの『不安定な神様』は、アクアプラスの看板タイトルであり去年13年ぶりぐらいにノベルゲームの続編が発売されたうたわれるものの新作アニメのタイアップとしてオリコン自己最高の15位に入った。因みに現時点で突き抜けたセールスを持つもう一つのシングルの夢想歌も、2006年に放映された前作のアニメ版うたわれるものとのタイアップだったため、満を持してうたわれ(という呼称すら過去のものなのかもしれないが)の続編という案件が来たという感じだと思う。もっとも今は当時に比べれば非常に軽快で小気味のいい歌を歌っているし、どちらかというとこういうロックなところのある歌の方が実は難しい部分があったりもする。これまでのものを俯瞰しても、歌手としての成熟を感じさせる部分がとても大きいシングルだと思う。

 

※※※                                      ※※※

 

 


Suara「天かける星」Music Video (Short ver.)+CM

(うたわれるもの 偽りの仮面後期OP 「天かける星」 1/27発売予定)

 

 新作アニメのうたわれるものは2クールで、OPは前後とも彼女のタイアップになった。これは後期のOPだ。5拍子が基調になっているので少し変わった聞き心地がするが、エスニックな雰囲気が出ていてとてもキャラクターが生かされた楽曲だと思う。

 

 昔と一番変わったのは一言で言えば上手くなったことだ。特に全体的に歌が軽快になったことが感じられると思う。

 Suaraに関して言えばもともと非常にファルセットが多い歌手だったが、特に最近は地声の割合が多い声(ポップスでもっぱら地声とかミックスと言われるやつ)を歌の中で使って迫力のある歌が出来ることが多くなったし、最近の曲は非常にポピュラー的にこなれているがそれ故に端的に歌うのが難しい。ややロックな声を使うので聞いていて昔のものより技術がかえって分かりにくくなったと思う人もいるだろうが、ポピュラーの歌手としてとりあえず一回り以上に大きくなったと言えると思う。(ただし、ポップスを理解するというのはフォーマルな技術への理解がある程度前提になる部分がどうしてもある)

 

 AQUAPLUSの自社レーベルに所属しているだけあって今後の活躍はアクアプラスの作るゲーム次第だと言わざるを得ない部分はあると思うが、実力で波及していく方法はいくらでもあると思うので今後にも大いに期待したい。凄く地に足の着いた素晴らしい歌手だ。

 

※※※                                      ※※※

 

 他の記事。

歌い手の話 記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。

歌手の話 Lia(鳥の詩,絆-kizunairo-色,My Soul,Your Beats!など) - 試しにアニソンを聞いてみる。

 

・ スポンサードリンク

夢想歌

夢想歌

  • Suara
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

天かける星

天かける星

  • Suara
  • アニメ
  • provided courtesy of iTunes

 

花鳥風月

花鳥風月

  • Suara
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes