試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。暫く休みつつ、過去の記事を地味に校正したりしてます/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→goo.gl/JiZPgQ/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

歌手の話 やくしまるえつこ(ルル、少年よ我に帰れ、X次元へようこそ等)

※休日なので強引に記事をひねり出して更新してみました。

 

 そもそもやくしまるえつこは別にアニソン歌手ではない。しかしソロ名義でのCD7つの内6つがアニメとのタイアップになっているので、やや強引だがここで扱ってしまう。

 彼女が持つ技術は囁くことだ。常に喚声点付近の声を使い、息の多い声で地声と裏声の中間を取りに行く。ミックスボイスに近いような技術を応用して(応用というよりは自然とそうなったんだと思うんだけど)、非常にふんわりした声で音を取っている。だからオケが激しくなれば歌が壊れてしまうだろうし、彼女の曲はそうならないための工夫が沢山なされていて聞き心地のいいものが多い。

 


やくしまるえつこメトロオーケストラ『少年よ我に帰れ』MV(short ver.)

 

 殆どの人にとって記憶に新しいのはノルニルと少年よ我に帰れだと思う。ともに回れピングドラムとのタイアップとして大ヒットしたし、あれがもう4年前だと思うと少し不思議な気分になるが、曲としては本来ベースやギターが入るところにストリングの比較的高い音が入ってきて似た役割をしているので、低音がドラム以外全体的にスカスカになっている。それによってやくしまるえつこの声は曲の中で消える事なくオケと併存できる。

 

 ボーカルについて言えば少年よ我に帰れは彼女の歌としては特に難しい。2番の後の変則パート後ではよく聞くと完全に息が上がっている。(これは本当の話なのでフルが聞ける人は是非確認してみて欲しい。)他を聞くとボーカル音楽的に難しい歌というのは殆ど無い。やくしまるえつこはボーカル的に難しい物を歌うタイプの歌手ではないし、しいて言うならシンプルなメロディーの中に一般的なボーカル性と違うレベルで表情を出していく部分があるというのは聞いてもらえれば分かると思うけれど、少年よ我に帰れに関して言えば普通の曲なのにそういう歌い手の個性もよく活かされていて、やくしまるえつこにこのメロディーをやらせるんだったらこのパッケージングしかないといった絶妙な仕上がりの楽曲になっている。この曲でオケをもうちょっと豪勢にして正統派の歌手にサビを歌わせてもある程度はうまくいくに違いないだろうというボーカル音楽的な潜在性が高い曲構成の中で、やくしまるえつこの魅力が壊されずにちゃんと曲に収まっているのは聞いていてワクワクする。

 

 編曲について言及すると、低音を抜いてあり歌手の声がくっきりとしているのは勿論、ボーカルの合間を縫って曲を整えている管楽器や、オケの主役と言える程目立っているのにシンプルでしつこさのない弦楽器など、歌手のいるところでは全体を少し底上げし、歌手のいないところでは派手に底上げすることで歌手を活かしつつ曲を盛り上げる作りになっている。さらにラストのサビにはベース音が加わることで低音付近を若干盛ってある。

 

※※※                                            ※※※

 

 この歌手をタイアップから語るならルルは外せないんじゃないかと思う。こういう囁く曲はアニメソングとしての派手さが求められるタイアップの中ではそんなに多いわけではないし、この曲も相対性理論の曲とは少し違うマーチのような盛り上げ方をしてある。(世の中に多い四拍子の曲は強//中強/弱と拍の頭が四回に一回来るのに対して、マーチは二拍子で強/弱を延々に繰り変えすので、ドンチャカドンチャカドンチャカドンチャカ…とリズム感が四拍子以上に分かりやすく目立つ)

 


やくしまるえつこ『ルル』(short ver.)HD

 

 囁くように歌う彼女のキャラクターと、アニメとのタイアップらしい合理的にオケで盛り上げて誰にでも聞きやすいキャッチーさのある曲の特徴を合わせた結果こういう風になったと思うんだけど、曲としては僕はこれが結構好きだ(アニメを見たことで個人的に主題歌に下駄を履かせて評価しているのもあるんだが…)

 


やくしまるえつこ『X次元へようこそ』MV (Short ver.)

 

 この楽曲はスペースダンディとのタイアップであり菅野よう子の編曲らしい。概形としてはクラブミュージック的な感じなんだろうか? 発想が奇抜で新しい世界を目指したというよりは既存のやくしまるえつこ的な表現の上にいろいろなものを積み込んだみたいな出来になっていると思うし、結果的に従来的なやくしまるえつこのイメージに近い楽曲になっていると思う。サビの「一次元 二次元 三次元」はとても特徴的な聞き心地がするし、流行りのアニメソング的な曲とのフォーマット的な違いもあるが、しょうもない表現を使えばスルメ曲的な部分はあるんじゃないかと思う。

 

※※※                                            ※※※

 

 相対性理論というユニットがどういう形態で活動をしているのかは僕はよく知らない。どうもシングルCD主体のアーティストとはだいぶ違うのは分かるんだが…やくしまるえつこ名義ではシングルを中心に出しているけれど、最近はそんなに頻繁には出ていない。ピングドラムと監督が同じとか作風がやや近いみたいな問題で何となくあるような気がしていたユリ熊嵐のタイアップはボンジュール鈴木が獲得したし、CDから音楽を聞こうとする人間としては出番がなかなかない事に寂しさもある。ただ来歴を見るにCDが出ないことが即問題という歌手ではないだろうし、そこら辺の1アニメファンとしては今後も気まぐれによさ気なタイアップを獲得して、音楽的に魅力のある曲をこれからも作って欲しいと願っている。

 

・その他の記事

歌手の話 May'n(Scarlet Ballet,ViViD,夜明けのロゴスなど)- 試しにアニソンを聞いてみる。

歌い手の話 記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。

 

 スポンサードリンク

ノルニル

ノルニル

  • やくしまるえつこメトロオーケストラ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

少年よ我に帰れ

少年よ我に帰れ

  • やくしまるえつこメトロオーケストラ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ルル

ルル

  • やくしまるえつこ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes