試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。暫く休みつつ、過去の記事を地味に校正したりしてます/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→goo.gl/JiZPgQ/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

新譜レビュー AKINO/Golden Life,鈴木このみ/Beat your Heart

・新譜のレビューです。検索エンジンから過去の記事に来てもらっている人が多いみたいなので、こういう記事を作って最新更新分や主要シングルだけ該当歌手の記事に追加しつつ、新しいものが出たら更新していくような仕組みにしたいですね。レイアウトとかは…まあ後で考えておきます。

 

※※※                                            ※※※

 

Golden Life

Golden Life

  • AKINO with bless4
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 AKINOのgolden lifeは初めて聞いた時は衝撃的だった。まああんな歌が歌えることは理解していたけれど、いざ出てくると本当に迫力があってアニソンらしいシンプルでメロディアスなメロディーの上でアニソン離れしたロックをやるといった他にない感じの出来になっていた。高音域を贅沢に使い回すのは、(失礼な言い分にも響きそうだが)中二病みたいな格好良さが求められているアニソンだから出来ることだし(JPOPならあの表現は、ずっと迫力があるので返って凹凸がないと思われるだろう)、AKINOがアニソンを歌ったからあんなふうに出来た、というような楽曲だと感じるし、その意味ではとても個性的だと思う。

 

ドキドキするから

ドキドキするから

  • AKINO with bless4
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 聞いていてそれよりも個人的に面白かったのが「ドキドキするから」だ。聞いてすぐ目を引くのは声優歌手が歌っていてもおかしくなさそうな雰囲気を持った謎のファンシーさだと思うけれど、本業の歌手らしい歌のための声の迫力が存分に生かされている(というのはちょっと言いすぎかもしれないが、ほかを見渡してもこんなにユニークにこのコミカルな曲を歌える人はいないだろう)。特に時折入ってくるYeah!という強力な合いの手が非常に個性的なはずなのに何故か曲にバランス感のようなものをもたらしている。サビで使われる強力な声も、あくまでそこが起点になって曲全体が柔らかい印象を与えるように構成されているという話であって、かなり抜いて歌われるようなところはあるとは言え、根本的には凄く歌手としての強靭さを持った歌なのだと理解してもらえる…と思う。

 

※※※                                            ※※※

 

Beat your Heart

Beat your Heart

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 ブブキブランキの主題歌であるBeat your Heartはこれもわりとタイアップが意識された作品なのかなという感じがする。何でもできるという技術的な根拠のある器用さから器用な歌を歌っているように聞こえるけれど、個人的にはもっとアクセル全開で直線を駆け抜けていくような部分も見たかったし、タイアップ的にはばっちりかもしれなくても鈴木このみの歌としては地味なところは、個人的にはあると思う。

 

I to I

I to I

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 カップリング曲のI to Iは特にサビ以前では裏声の混ぜられた声がなめらかに使われて高音主体でありながら辛さを感じづらい曲になっている。ミックスで歌うと一般に歌がふわふわする傾向があるけれど、この歌はリズムも正確に刻まれており音も非常に正確だからか全体を通してなんだかスピード感のある仕上がりになっている。


 ミックスと地声は非常に聞き分けづらいけれど、この歌ではAメロBメロでゆったりとミックスが使われているところで、サビからはスイッチが切り替わったように綺麗に地声とファルセットに分かれて(地声がメインで使われているから、上のサンプルで言う最後の一瞬の裏声部分が際立ってわかりやすい)一層スピーディーになる。曲調が極端に変わるわけではないのにメリハリがある曲に聞こえるのは歌い方の違いが原因だが、まあそういう理屈は関係なくこのメリハリ的なものが気に入るかどうかで好みが別れる世界だと言えるだろう。僕は……鈴木このみのロックな声がメロディアスな曲の上で聞けたのでとても満足だ。そしてちょっと中途半端ですが、今回はこんなところで。

 

歌手の話 AKINO(創世のアクエリオン、エクストラ・マジック・アワー、海色など) - 試しにアニソンを聞いてみる。

歌手の話 鈴木このみ(Absolute Soul,銀閃の風,世界は疵を抱きしめるなど) - 試しにアニソンを聞いてみる。

 

歌い手の話 カテゴリーの記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。