試しにアニソンを聞いてみる。

ボーカルの視点から音楽を聞いてみる。暫く休みつつ、過去の記事を地味に校正したりしてます/ページ下部でカウンター稼働中。たまに見てみて下さい/・歌手の話まとめ→goo.gl/JiZPgQ/コンテンツの使用などに関して問題があれば撤去しますのでお伝え下さい。ご連絡はhttps://twitter.com/yfyamvまで

歌手の話 鈴木このみ(Absolute Soul,銀閃の風,Beat your Heartなど)

 

・新譜紹介

Beat your Heart

Beat your Heart

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 ブブキブランキの主題歌であるBeat your Heartはこれもわりとタイアップが意識された作品なのかなという感じがする。何でもできるという技術的な根拠のある器用さから器用な歌を歌っているように聞こえるけれど、個人的にはもっとアクセル全開で直線を駆け抜けていくような部分も見たかったし、タイアップ的にはばっちりかもしれなくても鈴木このみの歌としては地味なところは、個人的にはあると思う。

 

I to I

I to I

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 カップリング曲のI to Iは特にサビ以前では裏声の混ぜられた声がなめらかに使われて高音主体でありながら辛さを感じづらい曲になっている。ミックスで歌うと一般に歌がふわふわする傾向があるけれど、この歌はリズムも正確に刻まれており音も非常に正確だからか全体を通してなんだかスピード感のある仕上がりになっている。


(聞き分けづらいかもしれないが)この歌ではAメロBメロでゆったりとミックスが使われているところで、サビからはスイッチが切り替わったように綺麗に地声とファルセットに分かれて一層スピーディーになる(地声がメインで使われているから、上のサンプルで言う最後の一瞬の裏声部分が際立ってわかりやすい)。曲調が極端に変わるわけではないのにメリハリがある曲に聞こえるのは歌い方の違いが原因だが、まあそういう理屈は関係なくこのメリハリ的なものが気に入るかどうかで好みが別れる曲だと言えると思う。僕は……鈴木このみのロックな声がメロディアスな曲の上で聞けたのでとても満足だ。

 

vmayfy.hatenablog.com

 

※※※                                            ※※※


 この人はオーディションで選ばれただけあってかなりキャラクターが定まっている。May’nが目標だと語ったこともあるように全体的にハードロックらしいし、どの音源を聞いても曲の中で似た扱われ方をしている。要はアーティストが鈴木このみに歌わせたい曲のイメージに一貫性があるということで、それが聞き手の鈴木このみのイメージにも影響を与えるのは承前だ。そして、キャラクターが定まるのはどんな歌を歌うにしても歌手としてこれ以上ないほどに重要なことなのだ。
 
 中でもらしさが出ているのはDAYS of DASHと銀閃の風だと思う。
 
 


銀閃の風/鈴木このみ TVサイズMV(魔弾の王と戦姫OP)

 

銀閃の風は一貫して重厚な音とふわふわしたリズムのオケで歌われる。歌に力のある歌手でないとオケを持て余して、何でこれを歌わせたの? という場違いな曲になる。ボーカルがオケと戦うことが求められる、アニソンや同人音楽のハードロックの要素を抽出して煮詰めたような曲だ。カップリング曲のオラシオンは茅野愛衣のカヴァー楽曲だけれど、少しミュージカル的な要素があり彼女の魅力を素晴らしく光らせている。
 

 

 
 DAYS of DASHは鈴木このみらしいというよりはそのまま鈴木このみという歌手の素材が現れている。JPOPらしいアニメソングとしてはメロディーが簡素で音に幅がある曲で、非常に余裕のある中で表現をアピールできる。裏声も他の曲より簡明で、ポップスならどうなるのかということがわかりやすいし、比較対象が得やすいことで他の歌手との距離感もわかるような曲になっている。
 
※※※                                            ※※※
 
 鈴木このみは非常に伸びやかな歌を持つ正統派の歌い手だ。以前一通り意見を晒した艦これエンディング『吹雪』の西沢幸奏も正統派だけれど、西沢幸奏の技術はよりJPOP的な要素が強い。
 一番わかり易いのは滑舌の取り方だ。明確な滑舌は歌に明快さとノリを生み出すためポップスに置いてやや好まれる一方で、鈴木このみは滑舌を取ることに重きを置いていない。正確に言うなら、滑舌は明確に取られているがそこにJPOP的な意味合いでの重点があるわけではない。
 
 やくしまるえつこやボンジュール鈴木のようなものでない限り歌には必ずアクセントがあって、基本はアクセントを取るのに滑舌が利用される。普通に喋っている時は誰だって言葉の上にアクセントがあるし、言葉の上にアクセントがない話なんて聞きづらくてしょうがない。しかしリコーダーやピアノのような打楽器にすら強勢はあるように、声を音だと考えると音楽的には発音がないとアクセントが作れないわけではない。
 JPOP的な意味合いで言葉に合わせてアクセントをとらないというのは声楽のようになるという話だ。声が音としてダイレクトに出ていくので言葉になりづらいし、声楽だけの話でなく音楽的に綺麗に歌を歌おうとするとどうしても滑舌は綺麗に取れない傾向がある。そんな中で、鈴木このみは広くて洗練された意味での「日本語のポピュラー」として、お手本のような熱唱をする歌手だ。多分ミュージカルという言葉を聞かせる分野の技術が、音楽的な正しさと言葉になるということの精度を歌の中で両立しているんだろうと思うが、そのあたりでも彼女の技術は、フォーマルなところが基調になっていながらポピュラー的な音楽によく落とし込まれていてとてもわかりいい部分がある。

 ただ逆に一般的なJPOP的な個性が滑舌から音楽を作っていることを考えると、相対的に音楽的に正しい歌を歌っているが故に、卓越した技術の表出としての滑舌が、傍目には「分かりやすすぎる」と思わせるような部分もあるのだと思う。(こういう言い方をするのは、僕の知る限り多くのリスナーは、歌を聞くというともっぱら滑舌と音程を聞く傾向があるからだが、)しかしその分かりよさも、彼女の技術故なのだと思えば納得がいく部分が多々あるんじゃないかと個人的には思う。少なくともアニソンの中における彼女の技術は卓越していて、手放しに評価されて然るべしものだと言える。

 


鈴木このみ「AVENGE WORLD」TVサイズMV

 AVENGE WORLD/世界は疵を抱きしめるではアニソンロックから見た鈴木このみという歌い手の瞬発力が分かりやすく表現されている。アニソンのロックはある程度強制的に言葉で刻まされる上に音楽的にも難しいという往々にして綺麗に曲に収めるのが大変なものなので、大抵はギリギリのところで窮屈さがある。普通の基準で考えればこの二曲はちょっとやり過ぎだし、アニメソングというポップスめいたフォーマットの中で「技術」を問うことの難しさみたいなものについても何というか考えさせられる部分がある。普通らしく見せる部分があるが故に、一歩間違えば「無理なもの」が出来てしまう可能性もあるということだ。


 

  (1:44~2:48 オラシオン)

 

 しかし日本語でポピュラーをやるならアニメソング以上にメロディーで歌手の技術を問うような分野はあんまりないのも事実で、とりあえず鈴木このみは現在的なアニソン歌手の中では恐らく最も音楽的な難しさをボーカル的表現に落とし込める、手垢にまみれた表現をすれば真っ当に歌唱力のある歌い手だ。彼女はフォーマルな歌い手としての潜在能力の上にロックやポピュラー的な技術を積み上げて歌にしている、とても面白くて他にない可能性を秘めた歌手なのだ。

※※※                                            ※※※

 

 他の記事。

歌い手の話 記事一覧 - 試しにアニソンを聞いてみる。

歌手の話 藍井エイル(シリウス,INNOCENCE,ラピスラズリなど) - 試しにアニソンを聞いてみる。

歌手の話 内田彩(アップルミントなど) - 試しにアニソンを聞いてみる。

 

 スポンサードリンク

 

・銀閃の風

銀閃の風

銀閃の風

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

  ・世界は疵を抱きしめる

とにかくロックなメロディーやオケと、細かい歌詞に広い音域というスピード感を失いかねないアニメソングらしさが共存していてギリギリで曲に収めることが要求されるかなり厳しいところのある曲。これが綺麗に収まるのは実力故だと思う。

世界は疵を抱きしめる

世界は疵を抱きしめる

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 ・オラシオン

オラシオン

オラシオン

  • 鈴木このみ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes